トリプルスリーと三冠王どちらが難しい?

2017-07-01

ソフトバンクの柳田やヤクルトの山田がトリプルスリーを達成したこともあり、トリプルスリーと三冠王はどちらが難しいかよく話題になりますが、ここでその結論を出したいと思います。

三冠王が圧倒的に難しいです!

データを用いて科学的に分析します。

まず、日本のプロ野球で考えてみます。過去のトリプルスリーと三冠王の達成人数は次の通りです。

トリプルスリー・・・10人で11回、 三冠王・・・7人で11回

これを見るといい勝負という感じですね。

では、それぞれの要素を区分し対応させて考えます。

トリプルスリー(3割、30本塁打、30盗塁)と三冠王(首位打者、本塁打王、打点王)の各要素を3割と首位打者、30本塁打と本塁打王、30盗塁と打点王という対応で比較します。

まず3割と首位打者はどちらが難しいか。これは過去の首位打者の打率を見れば一目瞭然です。過去30年間の首位打者の打率の平均はセ・パともに3割4分1厘です。また、過去30年間、首位打者で3割を割り込んだことは一度もありません。よって、単なる3割以上を打つより首位打者の方が難易度はかなり高いと言えます。

次に30本塁打と本塁打王の難易度はどうでしょうか。これも過去30年間の本塁打王の平均本数を見てみます。セリーグは40.2本、パリーグは40.4本です。また、この30年間で30本を下回った本塁打王は両リーグ合わせて2回だけです。よって、30本より本塁打王の方がはるかに難易度が高いと言えます。

これでトリプルスリーと三冠王の勝負は0対2で三冠王の勝ちとも言えますが、一応最後の要素、30盗塁と打点王を比較してみます。

盗塁と打点を単純に比較することはできませんので、盗塁王と打点王に置き換えて比較してみます。盗塁王と打点王はタイトルとして同格と考え、30盗塁が盗塁王を取るより難しいのであれば、30盗塁は打点王より難しいと考えます。

過去30年間の盗塁王の平均盗塁数はセリーグが39.1盗塁、パリーグが44.9盗塁です。また盗塁王が30盗塁を下回った回数はセ・パ両リーグ合わせて4回です。やはり単に30盗塁以上をするよりも、盗塁王になる方が難しいと言えます。となれば、30盗塁よりも打点王の方が難しいと言ってもよいのではないでしょうか。

これで、トリプルスリー対三冠王の対決は、0対3で三冠王の圧勝です。

「おいおいちょっと待って」というトリプルスリー派の皆さんの声が聞こえてきそうです。「盗塁に対する評価が低いのでは?」というのがトリプルスリー派の主張ではないでしょうか。トリプルスリーが意外と評価される理由は、盗塁が打撃とは違う要素であるからだと思われます。本塁打王と打点王は良く似た要素であり、打点王は本塁打王のおまけ的な評価をされることもあります。それに対して、ホームランを打つ能力と盗塁は全く別の能力であり、スラッガーでありかつ足も速い「走・攻・守」そろったオールラウンダーへの憧れのようなものがあると思います。たとえば松井秀喜とイチローを足して2で割ったような選手が見たいというファン心理でしょうか。現に2015年に山田哲人が達成するまで、本塁打王と盗塁王を同時に達成した選手はいませんでした。

そういう意味ではトリプルスリーと同時に本塁打王と盗塁王も獲得した2015年度の山田哲人の成績は素晴らしいの一言に尽きます。

それでは、メジャーリーグではトリプルスリーと三冠王はどちらが難しいでしょうか。これは言うまでもなく三冠王です。

メジャーでのトリプルスリー達成者は22人26回ですが、三冠王は15人17回です。特に2000年以降では、トリプルスリーは11度達成されていますが、三冠王はミゲル・カブレラが2012年に45年ぶりに達成した1度だけです。

日本もメジャーも近年試合数が増加しているので、トリプルスリーは比較的達成しやすくなっています。

逆にメジャーでは1968年までは20チームしかなかったのが、現在では30チームにまで増加し、三冠王はますます難しくなっています。というか1タイトルを取るだけでも至難の業です。12チームしかない日本の2.5倍のチーム数ですから、それだけタイトル競争は激烈です。しかも全世界から1流選手が集まっている最高レベルでの争いなのです。この状況でのカブレラの3冠王は山田や柳田のトリプルスリーとは比べるべくもありません。

絶対評価であるトリプルスリーと相対評価である三冠王は、単純には比較できませんが、日本もメジャーも、試合数が増加した現在の環境では三冠王が圧倒的に難しく価値が高いというのが私の結論です。皆さんのご意見はいかがですか?

今まで四冠王(首位打者・本塁打王・打点王・盗塁王)を達成した選手は日本、メジャーを通して1909年のタイ・カップのみですが、トリプルフォー(4割・40本・40盗塁)を達成した選手は皆無です。いつかベーブ・ルースとタイ・カップを合わせたようなスーパースターが現れ、夢のトリプルフォーを達成する日が来るのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© 2012 薮内税理士事務所 All Rights Reserved.