希望の党に風は吹かなかった総選挙

2017-10-23

総選挙が終わり自民党が大勝、立憲民主党以外の野党は軒並み議席を減らす結果となりました。

風は希望の党ではなく立憲民主党に吹きました。希望の党に吹いた風は強烈な向かい風だったのです。

振り返って感じるのは、政治家の言葉選びの難しさでしょうか。

今回希望の党に逆風が吹いた最大の原因は、小池代表の「排除」発言であったことは誰もが認めるところです。

落選した若狭氏も言っていましたが、衆議院解散後の早い段階で小池代表が使った「排除」という一言はあまりにもインパクトが強かったということです。

「寛容な保守」を標榜していた小池氏には似つかわしくない言葉でした。

この一言を機に、枝野氏をはじめとしたリベラル派が一気に新党結成に踏み切ったことは間違いありません。枝野氏の行動はとても機敏であったと言えます。希望の党の排除の論理がリベラルつぶしではないのかというマスコミの小池批判の中で、リベラル層の受け皿として立憲民主党が票を伸ばしたのはごく自然の流れでした。

こうなっては、小池氏の人気だけを頼りに立候補した希望の党の候補者に、選挙を勝ち抜くすべは無かったでしょう。

ただし冷静に考えると、枝野氏をはじめとする立憲民主党の候補者もそう褒められたものではありませんよね。彼らだって衆議院解散直後の民進党の両院議員総会で、前原氏から希望の党への合流案を提示されたときに、反対は愚か、なんの政策的議論もせず、満場一致で希望の党への合流を承認したわけですから。選挙中、立憲民主党こそが筋を通していると評価する論調もありましたが、本当のところは希望の党に排除され仕方なく作った党が意外にマスコミなどにも評判がよく、結果的に「筋を通しているように見えた」ということではないでしょうか。

希望の党の政策協定書でもわかるとおり、政策的に筋を通そうとしていたのは、枝野氏ではなく小池氏の方だったと思います。ただその通し方に問題があったのだと思います。もう少し違うやり方があったのではないかということです。政局の大転換を目指すならば、時として、清濁併せ飲む器の大きさも必要ではないでしょうか。                                       民進党のリベラル派とは思想も政策も相容れないことはわかりますが、だからといって、はしごを外され行き場を失った彼らめがけ、「受け入れる気はさらさら無い」と言い放ってしまっては、国民は小池氏が弱い者いじめをしているとしか受け取りませんよね。この無慈悲とも取れる発言をマスコミが大きく取り上げたために、小池氏は国民からの共感を失ったのです。

小池氏の真の目的が自民党に対抗しうる政権交代可能な政党を作り、二大政党政治を目指すものであるならば、民進党の受け入れ方にもっと工夫を凝らすべきではなかったでしょうか。特に前原氏との話のつめ方に大きな問題があったと思います。この二人で一体どのような政局の青写真を描いていたのか、どういう具体的な戦略を立てていたのか説明して欲しいですね。まさか小池氏の人気だけを頼りに選挙戦を戦おうとしていたなんてことは無いですよね?

安倍首相による衆議院解散は当初、小池氏の希望の党の立ち上げで、与党にとって藪蛇になるかと思いきや、政治とはわからないもので、小池氏のたった一言の失言が真逆の結果をもたらしたわけです。

政治家の言葉の重みをひしひしと感じさせた選挙でした。

 

 

 

Copyright© 2012 薮内税理士事務所 All Rights Reserved.