子供たちのためにマスクを外そう!!

2022-06-29

昨日6月28日、近畿地方は例年より21日も早く梅雨明けが発表され、今日は、群馬県伊勢崎市で、今年2度目の40℃を記録しました。

ラニーニャ現象による猛暑が日本を襲っていますが、これだけの猛暑にもかかわらず、屋外を歩いている人の殆どが未だにマスクをしています。でも、これは非常に危険な行為であり、油断していると本当に熱中症になってしまいます。

政府が「屋外でのマスクは必要ない」と宣言しても、マスクを外せない日本人の異常さ。異常を続けていくとその異常さが日常化し、元の日常に戻れなくなるという仮説が、日本人を実験台にした2年に及ぶ心理実験で証明された感がありますね。

世界では屋外のみならず、屋内公共交通機関でもノーマスクが常識となっているにもかかわらず、主要先進国の中で最も感染被害の少なかった日本だけが未だにマスクをしている異様さ。この猛暑の中で、しかも屋外であってもマスクを外さない日本人は、欧米人からは奇異の目で見られています。

アンケートを取ると、コロナが収束してもマスクをしたいという日本人が40%もいることに唖然としますが、そうであれば感染対策関係無しでマスクをしている人が40%もいるということですよね。だとすれば、もう、そういう人たちには勝手にマスクをさせておいて、われわれはマスクを外しましょうよ。特に、マスクから子供たちを解放しませんか!

 

子供にとってマスク着用の常態化は感染防止効果を遥かに上回るデメリットがあると専門家は指摘します。小児科医や精神科医が指摘している例として、①「マスク酸欠」による頭痛・免疫力低下・思考力低下、②自律神経失調や循環器系の障害、③体温調整ができないことによる熱中症の発症、④人の表情を読む力の低下によるコミュニケーション能力の低下、など数え上げたらきりがないそうです。

2歳以下の子供は、生まれてからずっと、マスクをした人間しか見ていないわけで、このような異常な環境が、子供たちの潜在意識にどの様な悪影響を及ぼしているのか、この子たちの将来が非常に心配されています。

 

今や、小中学生の中にもマスクを外すことに抵抗感を感じる子供たちが増えて来ているようですが、マスクを外せない子供たちの精神状態は明らかに異常です。子供たちが好んで「マスクを外したくない」と言っているわけではなく、子供たちをこのようにしてしまったのは、われわれ大人です。子供たちに2年間もマスクを強制し続けた政府専門家学校関係者の責任です。

大人が見本を示してマスクを外さない限り、子供たちはマスクを外せないのです。だから今は大人たちの意識改革が必要です。他人の目を気にして外せない大人たちも、「子供たちの健やかな成長のため」という大義があればマスクを外せるんではないですか?マスクを外すことは決して悪いことでは無く、逆に子供たちの健康を守る良いことなんだという意識改革が必要です。

「自分の為ではなく子供たちのためにマスクを外す」、という気持ちになれば、世間の目と戦う勇気が湧いてきませんか?

そして、マスクを外しやすい環境を作ることは、子供たちの健康を守るだけではなく、「熱中症になりやすい高齢者の命も守ることができる」と考えれば、逆にマスクをしていることに罪悪感さえ感じませんか?

この猛暑は、マスクを外す絶好のチャンスです!今、マスクを外しても誰も文句は言いません。あなたが外せば、あなたを見て他の人も外します。その輪が広がれば日本はコロナ前の正常な状態に戻るはずです。しかし、今を逃せば当面マスクを外すことはできないでしょう。

林先生風に言えば、「いつマスクを外すんですか?」「今でしょ!!」

 

Copyright© 2012 薮内税理士事務所 All Rights Reserved.