羽生竜王 井山七冠 国民栄誉賞おめでとうございます

2017-12-14

まず間違いないと思っていましたが、羽生竜王が国民栄誉賞を受賞することとなりました。本当におめでとうございます!

しかも、井山裕太七冠との同時受賞ということで、将棋界と囲碁界にとってこれほど喜ばしいニュースはないでしょう。頭脳スポーツと呼ばれる将棋や囲碁がますます普及していくことを願っています。

特に将棋の駒には漢字が使われているということもあり、日本古来の伝統文化として世界に誇れるボードゲームですので、今後も誇りを持って楽しんでいきたいです。

2017年を振り返ると、将棋界の最高峰である佐藤天彦名人がコンピューターに完敗したり、また藤井フィーバーやひふみんこと加藤一二三九段のメディアでの活躍もあり、将棋界にとっては将来にわたり強く記憶される1年になったのではないでしょうか。

一方、囲碁界のスーパースター井山七冠は昨年に七冠独占を果たした後、一旦そのうちの名人位を奪われましたが、1年間他の六冠をすべて防衛しての2度目の七冠奪取。これは奇跡としか言いようのない偉業です。まだ若いとはいえ国民栄誉賞にふさわしい活躍だと思います。東大阪市出身ということもあり、特に関西人の皆さんは今後とも応援していきましょう。

若き天才井山七冠と熟練の極致に達した羽生竜王の同時受賞は、時代を超えて語り継がれる、意味のある受賞だと思います。

ちなみに、今年の漢字は「北」に決まりましたが、何か縁起が悪く釈然としませんよね。将棋界と囲碁界に共通する棋士の「棋」であったらなぁと思うのは私だけでしょうか。

 

 

 

 

 

 

Copyright© 2012 薮内税理士事務所 All Rights Reserved.