寝屋高野球部が大阪桐蔭を土俵際まで追い詰めた!

2018-05-12

今日は高校野球大阪府春季大会の準々決勝がありました。

なんとわが母校寝屋川高校が5回戦を突破しこの準々決勝に進出したのです!

そして相手はセンバツ2連覇をしたばかりの強豪大阪桐蔭です。

達監督率いる寝屋高は最近メキメキ力をつけてきており、本気で甲子園を目指しているとのこと。エースの藤原君を中心にこの春季大会は目覚ましい活躍を続けており、私も最近寝屋高が頑張っていることを知り、この大阪桐蔭戦を注目していました。

実際試合には行けませんでしたが、ネットなどで試合経過を見ていました。

4回に大阪桐蔭に1点を先制されましたがその後は投手戦となり、寝屋高の方がヒットが多いぐらいでした。

そして、8回表に寝屋高は一挙4点を入れ4-1と逆転したのです。これはもしかして大金星かと期待が高まります。

8回裏大阪桐蔭に2点を返されましたが、寝屋高が4-3のリードでいよいよ9回裏、大阪桐蔭最後の攻撃。大阪桐蔭はランナーを塁に出すものの、ツーアウトとなり、寝屋高はいよいよ横綱を土俵際まで追い詰めたのです。

しかしさすが大阪桐蔭、最後はセンバツでも活躍した根尾のレフトオーバーヒットで逆転されサヨナラ負けとなりました。

日本一の大阪桐蔭をあと一歩まで追い詰めた寝屋高、よく頑張った!でも本当に悔しいです。

高校時代、私は剣道部でしたが、剣道部は応援団として野球部の甲子園予選の応援に行くという伝統がありました。わたしも、長ランを知り合いから借りて、応援団として夏季大会の予選に応援に行きました。

私の役割は団旗を持つことで試合の間中大団旗を持ち続けるのですが真夏の太陽に照らされ汗だくでしんどい思いをしたことを思い出します。

母校寝屋高には、今年の夏は是非勝ち進んで甲子園出場を果たしてもらいたいです。

 

 

 

 

 

Copyright© 2012 薮内税理士事務所 All Rights Reserved.