2月, 2014年

ソチ五輪 浅田真央圧巻のフリー

2014-02-21

冬季五輪はいつも確定申告の多忙な時期と重なるんですね。でも今回のソチ五輪は寝不足になりながらも毎晩テレビにくぎ付けになって見ています。特に印象的だったのが、浅田選手のフリー演技でした。

ショートプログラムの大失敗で茫然自失の真央ちゃんを見て、フリー演技は棄権するのではないか、出場してまた失敗するとスケーターとして立ち直れないぐらいのショックを受けるのではないかと心配しました。

コーチが悪い、ロシアの観客が悪い、揚句にはトリプルアクセルに拘る真央ちゃんが悪いねん!と勝手に怒っている自分がいました。

しかし、あの圧巻のフリー演技!トリプルアクセルをはじめ、すべてのジャンプを完璧にこなして行き、終盤の高難度のステップシークエンスから感動的なフィニッシュへ。演技と音楽と観客が一体となった奇跡の4分間でした。

ショートプログラム16位という屈辱的な順位に最も傷ついていたのは他でもない真央ちゃんです。でもそこから逃げ出さず、しかもプログラムの難易度を落とさず、自分のできる最高の技に挑戦し、それをやりきった真央ちゃんの姿を見て、今までに感じたことのないような感動を覚えたのは私だけではないでしょう。

浅田選手が尊敬する伊藤みどり氏がこの日の浅田選手の演技について「演技構成点が何点だったとか、順位をいくつ上げたとか、そんなことを超越した次元で感動させてくれた。2大会連続のメダルは取れなかったが、記憶に残るスケーターになった。」とコメントしています。伊藤氏もアルベールビルオリンピックでトリプルアクセルを失敗しながら後半残り1分のところで、再度トリプルアクセルに挑戦し、オリンピック史上初のトリプルアクセルを成功させ銀メダルを勝ち取りました。伊藤氏もまさに限界にチャレンジした記憶に残る選手です。私の個人的見解ですが、伊藤選手こそ女子フィギュアスケート史上最高の選手であると今でも思っています。浅田選手も金メダルには手が届きませんでしたが、その伊藤選手とともにこれからも語り継がれていく選手になったのではないでしょうか。

浅田選手は演技後のインタビューで「日本の代表としてメダルを持って帰ることはできませんでしたが、自分が目指すフリーの演技ができましたので、私なりの恩返しができたのではないかと思います」と答えていました。まず日本代表であることの自覚を忘れず、メダルを取れなかったことに対する責任を受けとめたうえで、素直に喜びを表現し、期待してくれた人々への感謝の気持ちを忘れない。なんてさわやかで気高くそして芯の強いアスリートなのでしょう!

どのような危機に直面したとしてもあきらめずにチャレンジすることの尊さを、彼女から教えてもらったオリンピックでした!!

追記:最終結果はロシアのソトニコワ選手がFSで149.95点という高得点を叩出しキム・ヨナ選手を抑え金メダルに輝きました。第2グループで浅田選手が142.71点の高得点を出したため、最終組の得点が高騰気味になりましたが、でも、ジャンプのクオリティの高さ、スピード感や躍動感は全選手の中でもソトニコワ選手が飛び抜けていました。特にサン・サーンスの曲と演技のマッチングが秀逸で、演技後半でバイオリンの速弾きと彼女のステップがシンクロし、最後のスパイラルでは笑顔で審判席に手を振る余裕はさすが金メダルに値する演技だと感服しました。

 

Copyright© 2012 薮内税理士事務所 All Rights Reserved.