12月, 2016年

三浦九段の不正問題について

2016-12-27

将棋界に衝撃が走った三浦九段の将棋ソフト不正使用問題ですが、昨日の第三者調査委員会の調査結果の報告は、その不正を否定するものでした。三浦九段は白だったということです。

報告書の内容を掻い摘まんで言うと、三浦九段から提出されたスマホやパソコンに不正利用の痕跡が認められなかったこと、将棋ソフトとの指し手の一致率の高さが三浦九段以外の棋士と比較し特別高くなかったこと、対局中の離席も問題となる離席ではなかったこと、など、当初将棋連盟が指摘したことがことごとく否定されました。

ただ気になるのが、調査委員会が、連盟による三浦九段の出場停止処分については、竜王戦を控えた非常事態でやむを得なかったと判断したことです。

しかし、本当に不正がなかったとしたら、将棋連盟の拙速な判断により、三浦九段はとんでもない被害を受けたことになります。

賞金が4,000万円を超える竜王戦の挑戦権を剥奪され、出場停止による順位戦の降格の危機、そして何よりも棋士としての名誉が著しく傷つけられたわけです。

調査委員会は連盟の出場停止処分をやむを得ない措置であったと擁護しますが、本当にやむを得ない措置だったのか、最も疑問の残る点です。

もし、竜王戦の直前でなければおそらくこの様な拙速な処分をしなかったのではないかと思われます。竜王戦に汚点を残したくないという連盟の焦りが、判断を誤らせたのではないでしょうか。

その一つの原因として将棋連盟と新聞社などメディアスポンサーとの力関係があるのではないでしょうか。現在はドワンゴなどのネット系のメディアとうまく付き合い新聞社一辺倒ではなくなってきていますが、やはり新聞社あっての将棋連盟ということはできます。つまり、新聞社などのメディアスポンサーがなければ、将棋界は現在のような地位を確保できないということです。読売新聞がスポンサーだからこそ、4,000万円を超える優勝賞金が出せるわけです。

新聞社への傾倒がよく表れた例として、名人位と竜王位の格付けがあります。皆さんは名人位と竜王位どちらが格上かわかりますか。名人位と答えられる方が多いと思いますが、実は現在は竜王位が格上とされています。将棋の歴史的にも、順位戦という制度的にも、あきらかに名人位が上のはずですが今はそうなっていないのです。理由は、竜王戦の主催者が読売新聞であり、優勝賞金をはじめ最もお金を提供してくれるのが読売新聞だからなのです。将棋連盟は読売新聞には頭が上がらない立場にあるのです。

今回の連盟の拙速な処分については、ある意味、三浦九段が大スポンサーとの天秤にかけられ、大スポンサーが優先されたからだといっても過言ではありません。

私は将棋が大好きで、棋士たちが繰り広げる妙手や好手に興奮します。その将棋をこれからも見続けたいですし、更に質の高い熱戦を期待しています。しかしそのためには将棋界が維持されなければなりません。そして、将棋界を維持するにはやはりお金がかかります。ただ、だからと言ってスポンサーへの気遣いばかりをし、最も大切にすべき才能豊かな棋士たちを軽んずることだけは避けて欲しいと思います。

プロ棋士より強いコンピュータソフトが出現した今、将棋界は将棋という卓上ゲームにどのような価値を見出し、わずか160名ほどしかいないプロ棋士の存在意義をどう位置づけていくのかということを真剣に考えるべき時期に来ていることは間違いありません。

 

 

 

 

Copyright© 2012 薮内税理士事務所 All Rights Reserved.